新潟第一法律事務所スタッフブログ

環境整備第2弾

 │ 新発田事務所 

平成24年6月に「新発田事務所の環境整備を進めています」というブログを書いてから,早20ヶ月・・・

ようやく第2弾!観葉植物が整備されました。

 

 

 

 

 

 

如何でしょうか。

 

室温調節の効果や空気清浄化効果はありそうでしょうか。

 

今後は,相談室等のレイアウト変更も予定しておりますので,ご期待ください。

 

なお,新発田事務所開設当時からいる観葉植物(通称:ジョニー)は,まだまだ元気です!

 

 

 

              【投稿者:佐藤】

春はまだか

 │ 新潟事務所 

昨年の秋、気象庁の「北日本の日本海側では気温が低くなり大雪となる」との予報を受け、平成22年と平成24年の大雪を思い出し、非常に暗い気持ちになっていました。しかし、今シーズンは特に雪が少なく、2月上旬に一気に20㎝積もったものの、根雪とはならず、今のところ新潟市内の積雪量は0㎝です。平成25年11月1日から平成26年2月18日までの累積降雪量も54㎝と、平年比で31%しか積もっていないそうです。それに対し、普段雪が降らないような地域で記録的な大雪となり、多数の被害が出ています。

 

今週の水曜日(2月19日)は二十四節気の「雨水」でした。「雨水」とは、空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という日で、草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされているそうです。暦の上では春とはいえ、まだまだ雪のシーズンは続きますが、このまま穏やかな状態で春を迎えられたらなと願う、今日この頃です。

 

【投稿者:伊藤】

久方ぶりにスキーをした

 │ 新潟事務所 

ソチオリンピック真っ直中ですね。

 

オリンピック気分というわけではありませんが、先日スキーに行きました。

昨年5月の健康診断の結果(体重)に驚きと焦りを感じ、1年掛けて痩せようと決意したものの、冬はほとんど運動しないこともあって、スキーに行くことにしたのです。

 

8年ぶりにスキーをしましたが、意外とうまく滑ることができました。「昔取った杵柄」ってやつですかね。

 

当日は天気も比較的良く、雪山がきれいに撮れました。
 


 

 

スキーの後半、同僚がふいに言いました。「リフトを使わず、雪山を何往復もダッシュすれば、筋肉が付くかもね。」と。この言葉に少しだけ恐怖心を頂きつつ、残り3か月で痩せなければ、本気で山でも道でも走らなあかんと思いました。

 

【投稿者:鈴木】

 

 

 

 

「新人事務員ダイイチロウの事務員日記③」

 │ 長岡事務所 

新潟No.1法律事務所の新人事務員のダイイチロウ君。大学は文学部だし、法律のことなんて全く知らない。でも、やる気だけは誰にも負けない。おっちょこちょいなのが

玉にキズ。今日も先輩事務員さんに怒られながらも、がんばってます!!

 

第3話「相談しよう、そうしよう!」

 

A子先輩 「ところで、ダイイチロウ君、弟さんの離婚の件はどうなったの?」 ※ちなみに前回のお話はこちら

 

ダイイチロウ 「いや~、恵比寿山先生が代理人を引き受けてくださったんですが、なんか裁判の途中で、弟の奥さんがあまりにもうちの弟が頼りないから1人にしておけないということで、結局離婚しないことになったんですよ~」

 

A子先輩 「なんか、のび太君としずかちゃんみたいな話だけど、まあよかったわね」

 

ダイイチロウ 「恵比寿山先生には本当にお世話になりました。これからは恵比寿山先生のために、誠心誠意、粉骨砕身、一意専心、不撓不屈の精神でがんばります!!」

 

A子先輩 「なんか横綱の伝達式での口上みたいね。まあがんばってちょうだい。で今日から、相談の電話受付をやってもらうけど、大丈夫?」

 

ダイイチロウ 「任せてください。こう見えても結構聞き上手なんですよ。聞き上手って結構女性にもてるらしいですよ!うひひ」

 

A子先輩 「聞いてないし・・・。ホントに大丈夫?じゃあちょっと練習してみましょうか?私がお客様の役をするわね。もしもし、あの~弁護士さんに相談したいことがあるんですけど・・・」

 

ダイイチロウ 「はい、どのようなことでしょうか?」

 

A子先輩 「あの~、借金が200万円もあって、もう返すのがつらいんです・・・」
 

ダイイチロウ 「そうなんですか~。ちなみに借金の理由はなんですか?ギャンブル?洋服の買いすぎ?わかった、ホストに狂って貢いだとか?!」

 

A子先輩 「ちょっと、何言ってるのよ。そんなことは言わなくていいの!じゃあ続けるわよ! あの~、借金の理由は夫がリストラにあって生活費が足りなくなって、サラ金に手を出したのが始まりで・・・。もう20年ぐらい借りたり返したりを続けてるんです・・・」

 

ダイイチロウ 「そうなんですか。」

 

A子先輩 「でも、もう限界なんです!夫は酒浸りで家にお金もほとんど入れてくれないし、私どうしたらいいんでしょう!!」

 

ダイイチロウ 「なんか、真に迫ってますけど、まさかそれA子先輩のことなんじゃ・・」

 

A子先輩 「そんなわけないでしょ!!」

 

ダイイチロウ 「すみません・・・。」

 

A子先輩 「続けるわよ!で、なんか過払金とかいうのがあるらしいのを小耳に挟みまして、もしかしたら私にもそういう戻ってくるお金があるのかなって・・・・。」

 

ダイイチロウ 「そうですね。業者から取引履歴をとりよせて利息制限法の利率で計算してみないとはっきりしたことは言えませんが、過払金といって戻ってくるお金が発生する場合もありますし、借金が減るケースもございます。当事務所では、債務整理に関するご相談は初回45分無料となっておりますので、是非一度事務所においで下さい。」

 

A子先輩 「あと、離婚の件もちょっと相談したいんです・・・。もう夫と一緒に暮らすのは限界なんです。でも弁護士費用って高いんでしょうね・・・」

 

ダイイチロウ 「当事務所では法テラスを利用できますので、資力基準を満たせば、法テラスから費用の立て替えを受けることもできます。その場合には月々5000円ぐらいを法テラスへ返済することになります。」

 

A子先輩 「そうなんですか。じゃあ一度ご相談に行かせていただきたいのですが・・・」

 

ダイイチロウ 「ありがとうございます。では日程調整をさせていただいたいのですが、ご希望の日や時間などございますか?」

 

A子先輩 「はい、まあいいでしょ。そんな感じでがんばってね」」

 

ダイイチロウ 「任せてください!!」(ふふん、どんなもんだい!)

 

A子先輩 「あ、そうそう、こないだお願いした刑事事件の記録の謄写は行ってきた?」

 

ダイイチロウ 「あ、すっかり忘れてました・・・」(やべ・・・)」

 

A子先輩  「何してるの!公判が近いから早く行っておいてって頼んだでしょ!!」

 

ダイイチロウ 「すみません・・・。今から検察庁に連絡して謄写が可能か聞いてみます・・・」

 

A子先輩  「ったく、早くそのおっちょこちょいなところ直さないと、いつまでも一人前の法律事務員になれないわよ!」

 

ダイイチロウ 「はい・・・」(とほほ・・・)

 

プルルルル♪ プルルルル♪(電話の音)

 

A子先輩 「ほら、電話よ。さあ出てみて」

 

ダイイチロウ 「はい、新潟No.1法律事務所でございます。ご相談のご希望ですか?」

 

A子先輩  (がんばるのよ、ダイイチロウ君!!)

 

これからもダイイチロウ君は法律事務所の事務員として一歩一歩成長していくのであった・・・完

(この話はフィクションですし、当事務所の事務員にこんなにおっちょこちょいな者はおりません。)。

 

 

★債務整理(借金)や離婚に関するご相談の方はお気軽に当事務所までお電話ください

 フリーダイヤル0120-15-4640(行こう 事務所)

 

当事務所HPの債務整理に関するページはこちら↓

http://www.n-daiichi-law.gr.jp/index.php/personal/debt_rearranging

当事務所HPの離婚に関するページはこちら↓

http://www.n-daiichi-law.gr.jp/index.php/personal/divorce

 

【投稿者:今井】

PAGE TOP