新潟第一法律事務所スタッフブログ

『賃貸管理ビジネス研究会』にて大橋良二弁護士がセミナー講師を担当いたしました

 │ 東京事務所 

 

まだまだ暑さが厳しい8月の末ですが,

今年の夏といえば熱く盛り上がったのがリオデジャネイロ・オリンピックではないでしょうか。

 

日本として史上最多の41個のメダルを獲得した今大会は,

汗と涙,歓喜で満ち溢れた個人的にとても印象深い大会でした。

4年後の東京オリンピックには,

さらなる感動が待っていると思うと今からワクワクが止まりません。

 

オリンピックといえば,世界中の各国から多くの外国人がやってきます。

リオでも問題が浮き彫りになっていましたが,

東京オリンピックでも「ホテル不足」は大きな課題となっております。

 

その課題を打破するために注目されているのが空き家ビジネス,民泊ビジネス。

日本のさまざまな業界がこのビジネスに力を入れつつあります。

 

東京でも8月24日に船井総合研究所主催の経営戦略セミナーにおいて

賃貸管理ビジネス研究会が開催され,当事務所の大橋良二弁護士が特別講師として

「法律の専門家が伝える 民泊ビジネスで抑えるべき法律知識」という題で講演いたしました。

 

無題

(画像をクリックしていただくと拡大いたします)

 

会場には多くの不動産関係の方々がお集まりになり,

大橋弁護士の講演に耳を傾けていらっしゃいました。

また,情報交換会では皆さまが空き家ビジネスについて熱く語り合っておられ,

2020年の東京オリンピックでは「ホテル不足」という問題が

解消されるのではないのかと思ってしまうほどでした。

 

ぜひとも「ホテル不足」が解消され,

多くの外国人の方と日本で感動の体験を共有したいものです。

 

また,当事務所では新たに

法律相談・民泊リーガルサポート・コンサルティングサービス』開始いたしました!

 

不動産会社様や不動産オーナー様向けに民泊に詳しい弁護士が,

民泊事業の立ち上げから運用開始までのプロジェクト全体に

継続的に関与・参加させていただくことで,

民泊事業戦略のリスク回避とスピードアップを図るサービスをご提供いたします。

 

詳しい内容は当事務所の民泊リーガルサポートサイトに掲載しておりますので,

ぜひともご覧いただき,新たなサポートサービスをご活用いただきたいと思います。

 

 

 【投稿者:岩崎】

進みゆく超高齢化社会に対して弁護士ができること

 │ 上越事務所, 新潟事務所, 新発田事務所, 東京事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所 

 

8月8日,天皇陛下はビデオメッセージで「お気持ち」を表されました。

その中で,社会の高齢化,自らの高齢をお言葉にされていました。

 

実際に日本はどれくらい高齢化が進んでいるのでしょうか。

 

総人口に対して,65歳以上の高齢者人口が占める割合を高齢化率と言います。

世界保健機構(WTO)や国連の定義によると,

高齢化率が7%を超えると「高齢化社会」,

14%を超えると「高齢社会」,

21%を超えると「超高齢社会」となります。

 

日本は,1970年に高齢化社会に突入し,1994年に高齢社会,

2007年には超高齢社会に入りました。

そして,最新の情報(内閣府 平成27年度版高齢社会白書)では,

高齢化率は26%まで上昇しました。

WTOや国連の定義で「超高齢社会」以上の言葉はありませんので,

まさに未知の領域,言うなれば「超超高齢社会」でしょうか。

 

人は加齢するにしたがって,様々なリスクが高まってきますが,

法律問題でもリスクが生じ易いです。

 

例えば,悪質な訪問販売などの消費者被害,相続・遺産分割でのトラブル,

心身の衰え・認知症に伴う医療や介護サービス等の契約などはよく散見されます。

これらの出来事は,普通の高齢者が日常の生活を営む上で,

法的解決を求められる頻度が高まっていることを意味していますし,

弁護士の関与が必要とされている部分でもあります。

 

私の祖母も90歳を超え,自宅で介護をしています。

幸いにも意思能力はハッキリしていますので,

現時点で大きな問題は生じていませんが,将来的な不安はあります。

 

こういった,実際に問題が起きる前の予防的な部分でも,

例えば,任意後見契約や遺言書作成など,弁護士がお役に立てることがあります。

 

 

くわしくは ◎こちら◎ のページをご覧ください。

これまでに 相続・遺言に関するお知らせページ にて,

上記内容を取り上げているコラムもございますので,よろしければご覧ください。

 

【投稿者:浅田(百)】

 

燕三条事務所の相談室に○○があります!

 │ 燕三条事務所 

 

新潟第一法律事務所は,

新潟県内に5事務所,東京に1事務所ございますが,

燕三条事務所の相談室にはある特徴があります。

 

それは「窓がないこと」です。

 

窓がないことで,相談者様,依頼者様にいらしていただいた際に,

窮屈な思いをさせているのではないかと,

かねてより,窓がなくても少しでも快適に過ごしていただけるよう,

なにか工夫できないかと検討がされておりました。

 

そこで,今回,こちらが相談室に設置されることとなりました!

 

 

1 (1)

 

 

2 (1)

 

(画像はいずれもクリックしていただくと拡大いたします)

フランスの印象派画家として有名なクロード・モネの「睡蓮」です。

 

先日まで,新潟県立近代美術館でモネ展が開催されていましたが,

全国で巡回するほど人気のモネの作品が,燕三条事務所にもございます。

(もちろん,レプリカです。)

 

何年か前に,旅先で展示されているモネの睡蓮を目にしたとき,

まず,作品の大きさに驚いたのですが,

眺めているうちに,どこか心が落ち着いていくように感じました。

 

燕三条事務所でご相談や打ち合わせをされる皆様においても,

この絵をご覧いただき,心を落ち着けてご相談いただけましたら幸いです。

 

新潟第一法律事務所では,各事務所において,

お越しくださる方々に快適にお過ごしいただけるよう工夫を重ねております。

ぜひお気軽にご相談にいらしていただければと存じます。

 

ご相談のご予約は 0120-15-4640

もしくは こちらの予約申込フォーム よりお願いいたします。

所内研修を行いました!

 │ 上越事務所, 新潟事務所, 新発田事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所 

 

 

先日,8月5日(金)に,事務所全体をお休みとさせていただき,

東京事務所も含めた全6拠点の職員が一同に会する所内研修を行いました

(皆様方にはご不便・ご迷惑をおかけいたしました。)

 

 

000

(画像はクリックすると拡大いたします。)

 

 

ひとくちに研修と申しましても,

単に知識を学ぶための勉強会のようなものではなく,

事務所全体の方向性の確認や,

年始にたてた個人やチームの目標の達成具合の報告など,

当事務所がより皆様のお役にたてる存在となるためにどうしていくか,

ということを事務所全体で,また,個人で振り返るための発表会です。

 

午前中は外部から講師の方をお招きし,

午後から各人の目標の振り返りと達成具合の発表がありましたが,

普段の忙しい時間の中ではなかなか見ることのできない,

事務所に対する想いや,働くということへの考え方など,

様々な想いや考えを共有することができた時間となりました。

 

最後は,東京事務所所長の大橋良二弁護士からの,

「一人一人の人間的な能力が活かせる組織へ」という言葉で,

一日の総括がなされました。

 

今後も,

皆様に安心・納得のリーガルサービスを提供すること,

相談してくださる方の笑顔を第一に考えること,を忘れず,

事務所全体で精進していく所存です。

皆様のお声をお聞かせください

 │ お知らせ, 上越事務所, 新潟事務所, 新発田事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所 

 

先日,士業向けに書かれた「面談術」に関する本を手にする機会がありました。

 

ざっと目を通したところ,

弁護士や税理士が面談時にお客様の心をつかむためのノウ・ハウが書かれている一方で,

社会人としての基本的なマナー(身だしなみや言葉使いなど)

についてもページが割かれており,一般企業の方々が読んだら,

「当たりまえ」「今さら?」と思われる内容も多く掲載されているのが印象的でした。

 

法律事務所は,相談者や依頼者の皆様に対して,

「法的サービスを提供する」というのが主な業務ではありますが,

「サービス業」と言われるようになったのはここ数年のことで,

20年近く前に私が入職した頃は,お悩みを抱えたお客様に対し,

スタッフが笑顔で「いらっしゃいませ」とお迎えすること自体,

むしろ不謹慎なのではと言われていました。

 

近年ようやく業界全体が「サービス業」として意識するようになり,

遅ればせながら我々スタッフも,お客様と接する際のマナーについて,

あらためて見直すよう心掛けてはおりますが,

やはり他の業種の方々と比較したら,至らない点ばかりなのではと反省します。

 

そして,このような経過があるために,

法律事務所が,今なお 「敷居が高そう」 「緊張する」 「弁護士が偉そう」

などというイメージを持たれてしまうのかもしれません。

 

さて,当事務所では,

初めて相談に来られた個人のお客様に,アンケートのご記入をお願いしています。

 

大切なお時間を頂戴し恐縮ですが,

皆様にとって法律事務所がもっと利用しやすい場所となるよう,至らない点は見直し,

ご相談後に少しでも 「安心した」 「心が軽くなった」

と感じていただけるような応対を心掛けて参りますので,

是非忌憚のないご意見をお寄せください。

 

また,当事務所は,法律問題に留まらず,その延長上にあるお悩みも含め,

皆様の生活を総合的にサポートできる事務所を目指しています。

「こんなこと弁護士に聞くべきことではないかも・・・」ということでも,

お力になれることもありますので,是非お気軽にご意見,ご要望をお聞かせください。

 

【投稿:皆川】

PAGE TOP