新潟第一法律事務所スタッフブログ

【終活のススメ】高齢化社会?→超超高齢社会!

 │ 上越事務所, 新潟事務所, 新発田事務所, 東京事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所 

 

「高齢化社会」

新聞やテレビ,雑誌等でよく耳にする言葉ですね。

 

日本の高齢化が進んでいることは皆さんご存じかと思いますが、実際どのくらい進んでいるのか知っていますか?

まず、「高齢者」ですが、国連では60歳以上、国連の世界保健機関 (WHO) の定義では65歳以上の人のことを高齢者としています。また、日本では、高齢者の医療の確保に関する法律及びそれに付随する各種法令において65~74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と規定していますし、各種公的機関が行う人口調査では65歳以上を「高齢者」と区分しています。

現在、日本の高齢者(65歳以上の方)の人口は3,392万人で、総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は26.7%になります(平成28年版高齢社会白書)。

 

スタッフブログ図完成版

 

 

そして、この割合を高齢化の定義に当てはめると…

①「高齢化社会」高齢化率7~14%

②「高齢社会」高齢化率14~21%

③「超高齢社会」高齢化率21%~

③の「超高齢社会」になります。もう既に二段階も飛び越えていますね(^^;)

日本の高齢化は、世界に例をみない速度で進行していて、まもなく世界に先駆けて「超超高齢社会」(高齢化率28%~)に突入するだろうと言われています。

 

完成2

 

3人のうち1人が高齢者という時代が直ぐ目の前に迫っています。

 

【投稿:浅】

営業力強化セミナーに参加いたしました!

 │ 上越事務所, 新潟事務所, 新発田事務所, 東京事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所 

 

1月27日に,当事務所所属の弁護士及び一部の事務局が

「今,求められる法律事務所とは?」というテーマで営業力強化セミナーに出席してきました。

 

写真①

 

弁護士業界の現状と営業を理解し,一人ひとりがお客様のために何ができるかを意識し,行動できるようになるということが研修の目的でした。

研修ではグループワークや質問力を鍛えるロールプレイングもあり,楽しみながらも集中して学ぶことができました。

 

写真②

 

上の写真は,「マシュマロチャレンジ(※)」というゲームで,

「常に目的と関連して考える」「失敗を恐れず挑む」「原則原理を押さえる」という,新規チャレンジで大切な考え方を体感することができました。

 

※マシュマロチャレンジ
乾燥パスタ20本,セロハンテープ1束,マシュマロ1個を使って,
制限時間内に自立可能なタワーを立て,最も高い箇所にマシュマロを固定したチームが優勝となるゲーム

 

結果は全5チーム中1チームのみ成功という散々たるものでしたが,成功すると以下のようになります。

 

写真③

 

各チームでのディベートの様子です。

 

写真④

 

当事務所では,所内外で研修を行い,お越しくださる方々に相談して良かったと思っていただけるような事務所を目指しております。

ご相談ご希望のかたは,フリーダイヤル(0120-15-4640)

もしくは こちらの予約フォーム よりお願いいたします。

 

【投稿:剛】

PAGE TOP