相続・遺言

相続・遺言トップ > カテゴリ「弁護士海津諭」

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談予約専用フリーダイヤル

0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~18:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
18:00~21:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間

受付時間当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

受付時間委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

お知らせ

一新総合法律事務所からの様々なお知らせやご連絡、メディア情報などををご紹介します。

2021/01/23「はじめての相続・生前対策セミナー」を開催いたしました!

 │ 新発田事務所, 新潟事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所, 上越事務所, セミナー, 相続, 弁護士海津諭, 長野事務所, 高崎事務所

1月23日(土)、新潟市中央区万代にある新潟日報メディアシップにて、「夫婦・親子で考える はじめての相続・生前対策セミナー」を開催いたしました。

講師は、弊所相続チーム所属の弁護士海津諭と、税理士法人新潟合同事務所の渡邊日奈子税理士が務めました。

 

セミナー前半は、弁護士海津諭が「遺産の種類別に考えられる相続トラブルの解説」と、「遺言書の必要性」についての解説いたしました。

 

セミナー後半は、渡邊日奈子税理士による「相続税の仕組み」「生前贈与の活用」「相続税対策」についての解説がありました。

 

 

セミナー後、ご希望のあったご参加者様には、相続についての無料個別相談会も開催いたしました。

本セミナーには、定員を上回るお申込みをいただき誠にありがとうございました。
ご参加いただきましたみなさまには、相続についての難しさや、生前対策の重要性についてご理解いただけたのではないでしょうか。

 

考えてはいるけれど準備を始めるのは少し面倒な相続・・・ですが、きちんと準備をすることが遺産を譲り受ける方々への最後のギフトになります。

 

当事務所では、遺言をはじめとし、相続に関するご相談は初回無料(45分)で承っております。

今回、都合が合わずセミナーにご参加いただけなかった方、相談会で相談したけれどもう少し詳しい話を聞きたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

今回のセミナーは2回開催の第1回です。
第2回は1月31日に開催予定です。ご予約は定員に達しています。キャンセル待ち等詳しくはお問い合わせください。

★ フリーダイヤル 0120-15-4640 ★

★ ご相談予約フォームはこちら ★

 

 

《最新ニュース》「預貯金も遺産分割の対象となる」と最高裁が初判断

 │ 新発田事務所, 新潟事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所, 上越事務所, 相続, 東京事務所, 弁護士海津諭

gatag-00000154

 「預貯金も遺産分割の対象となる」と最高裁が初判断

 

「共同相続された預貯金は,

相続開始と同時に相続分に応じて分割取得されることはなく,遺産分割の対象となる」

との判断が,19日,最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)においてなされました。

 

これまで,遺言のない相続の場合において,被相続人の「預貯金」は,

相続人全員の合意がなければ遺産分割の対象とはならないとされていました。

 

その結果,預貯金については,被相続人が亡くなった時点で,

各相続人が法定相続分どおりの権利を分割取得するものとされていました

(ただし,定額郵便貯金を除く)。

 

しかしながら,そのような従来の取扱いでは,

例えば一部の相続人が生前贈与を受けていた場合でも,

預貯金の分割においては法定相続分のみが考慮され,

生前贈与の分が考慮されないこととなります。

 

これでは,多額の生前贈与を受けた相続人と

その他の相続人との間で不公平が生じるのではないか,という議論がありました。

 

今回の最高裁判決で上記の見解が改められ,預貯金も遺産分割の対象とされることとなりました。

 

一般的には,今回の判決のように,

「預貯金も遺産分割の対象として相続人同士で分け方を決めていく」という考え方が,

相続人の通常の感覚に沿うものと思われます。

今回の判決がなされたことは,司法の判断がより一般的な感覚に近づいたとも言えるでしょう。

 

 

◆ 当事務所の 海津 諭 弁護士 のコメント ◆

 

img_kaidu

 

これまでの裁判例の考え方では,上記のように,

例えば一部の相続人が多額の生前贈与を受けていた場合に,

相続人の間で不公平が生まれるおそれがありました。

 

また,例えば相続人の間で遺産分割調停が不調に終わってしまった場合,

預貯金を遺産分割の対象とする合意がなければ,

その後の遺産分割審判の手続では,裁判官が財産の分け方を判断するにあたって,

預貯金が判断の対象外とされていました。

 

そのため,財産の分け方について柔軟な解決ができなかったり,

相続人が預貯金を引き出すために,

金融機関に対して民事訴訟手続をしなければならないなどの不都合がありました。

 

今回の最高裁判決は,このような不公平や不都合を解消できるという点で,

今後の相続人にとってプラスになる判決だと考えます。

 

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談予約専用フリーダイヤル

0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~18:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
18:00~21:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間

受付時間当事務所の受付窓口となりますので、ご相談日の調整までご案内させていただきます。

受付時間委託先窓口での仮受付となりますので、ご相談日につきましては翌営業日に当事務所よりご連絡させていただきます。

土曜・祝日の当事務所受付は、9:00~17:00(1時間短縮)です。17:00以降は委託先窓口での対応となります。

販売書籍のご案内 法務情報 スタッフブログ
お急ぎの方はこちら
PAGE TOP