新潟第一法律事務所スタッフブログ

新しい事務所パンフレットできました

 │ 新潟事務所 

当事務所では,今回,特に中小企業の皆様に向けて,当事務所の企業法務への取り組みを

知って頂くために,事務所パンフレットを新しく作成いたしました。

 

 

パンフ

(パンフレットの表紙です)

当事務所の歩みや特色,取り扱い事業の概要,企業法務への具体的な取り組み内容,顧問制度等が分かりやすく説明されております。

少しでも当事務所について関心をお持ちの企業の皆様には,無料で差し上げておりますので,下記フォームよりご請求ください。

https://n-daiichi-law.gr.jp/cms/form/corporation/

 

 

よろしくお願いいたします。

 

【投稿者:今井】

新年明けましておめでとうございます

 │ 新潟事務所 

新年明けましておめでとうございます。
 
平成27年が無事明けました。
皆様はどのような年末年始をお過ごしでしたでしょうか?
 
当事務所は9連休を頂きました。
久しぶりの長い連休のおかげで、弁護士も事務員も、すっかりリフレッシュすることができましたが、皆様には大変ご不便をおかけし、申し訳ありませんでした。
 
お休み中には、改修したホームページに新規導入したメールフォームから、ご相談希望のご連絡を頂いたり、初日の朝からは、フリーダイヤルにお電話をたくさん頂戴いたしました。
数多の法律事務所から、当事務所をお選び頂いたことに感謝いたします。
 
ところで、年明けの報道番組で、医師数が僅かにも関わらず、年中無休かつ、救急患者の受け入れをほぼ断らないというクリニックの様子を観ました。
 
その院長先生は、病院などが一斉に休み、適切な医療処置が受けられない現状はおかしい、というようなことを話していました。
 
銀行や役所の証明書発行業務は、機械を使い、稼動時間を延長することができますが、医師や弁護士は、生身の人間の苦しみや痛みに接する仕事ですから、機械的に判断したり、ましてや処置をすることができません。
 
また、完全24時間体制で対応することも、まだまだ困難です。
 
そうなると、まずはなるべく早めに、応急的にでも正しい処置を施すことが重要で、弁護士であれば、早い段階で皆様の不安をどう取り除く、あるいは和らげることができるか、ということになるのかもしれません。
 
虫歯も痛くなってからでは、根治までに時間を要します。
虫歯にならないための予防に力を入れている歯科医院も多くなりました。
 
当事務所も、皆様のお悩みがまだ浅いうちから、お話をじっくりお聞きし、適切なアドバイスができるよう、弁護士たちは研鑽を積んでいます。
また、皆様の転ばぬ先の杖になるべく、ミニセミナー開催や法務情報のような各種コラム提供を継続しております。
 
平成27年は、一人ひとりの弁護士が、それぞれの強みや長所を伸ばし、事務局は、弁護士の各特性を把握しながら、皆様方からのご期待に、きちんと応えていける法律事務所を目指します。
 
本年も新潟第一法律事務所をご利用頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。
 

【投稿者:渡辺】

PAGE TOP