新潟第一法律事務所スタッフブログ

新発田事務所改装

 │ 新発田事務所 

この度,新発田事務所の改装が決まりました。

 

新発田事務所は,元々,某金融会社だった建物を事務所開設時に改装して使用してきたもので,設備や配置が現在の都合と合わなくなってきていました。

 

特に,空調設備について,老朽化や汚れが激しい上,配置も悪く,相談者や依頼者のお話を伺うための大事な相談室は特別寒かったり暑かったり…使用の都度,温度調整をしておりました。

 

また,相談室の防音も十分ではありませんでした。

 

この工事では,エアコンが新たに設置し直され,2つの相談室は防音に,そして相談室・弁護士執務室・事務局スペースの配置も大きく替わります。

 

工事は7月中に行われる予定です。心機一転した新発田事務をお楽しみに。

 

【投稿者:小形】

認知症サポーターがいます

 │ 新潟事務所 

ある日,事務所のカウンターで宅配便を受け取りました。

 

どれどれ,早速開けてみると・・・ジャーン!

  

 

    

かっ,かわいい!!

 

その名も「ロバ隊長」

 

なんとも愛くるしいこの方,認知症サポートキャラバンのマスコットなのです。

  

認知症は誰にでも起こりうる病気ですが,今後高齢者の急速な増加によって,認知症人口は,2015年で300万人を超え,2025年には470万人程度まで増加することが予想されているとのこと。

 

もはや,他人事ではありません。

   

当事務所は,昨年,認知症サポーターのいる企業・団体として,新潟県から登録されました。http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/379/576/260601category.pdf

 

今年も,昨年に引き続き,認知症サポーターの社内研修を行います。

   

当事務所は,認知症の方やその家族の身近な理解者として,また見守りの担い手として,認知症についての正しい知識と理解を深めてまいります。

 

【投稿者:浅田(百)】

故郷の花

 │ 新潟事務所 

梅雨も本番となりました。

 

ぐずついたお天気が続き、少々気も滅入る今日この頃ですが、そんな季節に清涼感を与えてくれるのが、この時期に咲く花々です。

 

ところで、梅雨の花の代表格と言えば、やはり紫陽花(あじさい)ですが、地味ながら紫陽花と肩を並べるもうひとつの代表格が、菖蒲(あやめ)の花ではないでしょうか。

 

とりわけ、私の故郷新発田市は、あやめの町として有名です。

 

町のシンボル「新発田城」は、かつてお城のまわりにあやめが多く咲いていたことから、別名「あやめ城」として親しまれ、今もお堀のまわりにはあやめが植えられているようです。

 

 

また、運動会での踊りといえば「あやめ音頭」が定番でしたし、今も町のあちこちに、あやめをモチーフにした絵柄が多く見られます。

 

思えば、私も学生時代、あやめの花を象った校章を襟元につけていましたが、残念なことに、いぶし銀の色合いとリアルな形状から、あやめというよりむしろ蝿に近いと言われていました・・・(汗)

 

とにかく新発田の人々にとって、あやめの花は、物心ついたときから親しみ深い花なのでしょう。

 

故郷を離れた今でも、紫色のあやめの花を見ると、どこか懐かしい気持ちになります。

 

さて、新発田市の五十公野公園では、今年も6月中旬から「あやめ祭り」が開催されるそうです。

 

いつもは静かなこの公園ですが、実は日本4大あやめ園にも数えられていて、この時期60万本のあやめが咲き誇るのだそうです。

 

「4大」というところは若干気になりますが、この時期だけの光景ですので、今年もぜひ足を運んで梅雨のひとときを楽しみたいと思います。

 

 【投稿者:皆川】

癒やされました

 │ 上越事務所 

全国的に真夏日となった週末、上越市大潟区に位置する「新潟県立 大潟森と水公園」に行ってきました。

 

以前より行き来していた国道から、少し入ったところなのですが、初めて訪れてみて正直驚くほど、素敵な公園でした。 

 

気温は高く、日差しも強いのですが、自然の風がなんとも心地良く、体感気温を下げてくれました。

 

 

公園内には、芝生に覆われた丘もあり、どうやら古墳のようです。

 

また、いくつも池があり、野鳥や動植物も多く生息しているようです。

 

 

今年の夏、暑い日はクーラーの効いた部屋でじっとしている、のもよいですが、緑の中で自然の風を受けて涼を見つける、のもよいと感じた一日でした。

 

 

【投稿者:樋口】

PAGE TOP